太陽熱温水器の撤去・栃木県宇都宮市

この度は、エコアクティブスタッフブログをご覧いただき誠にありがとうございます。

先日は、栃木県宇都宮市内にて日立製の太陽熱温水器の撤去作業をさせていただきました。

鉄骨架台有の日立製の自然循環タイプの温水器です。

だいぶ劣化が進み、タンク部分のカバーが外れている状態でした。

  

温水器から建物に入るホースも撤去をし配管処理も行い、

一部瓦が割れていましたので、応急処置としてコーキング剤で補修させていただきました。

この度は、撤去のご依頼またお立会いいただき誠にありがとうございました。

温水ソーラー器は、屋根の上に直接設置してあるタイプと、鉄骨架台の上に設置してあるタイプがございます。

屋根にべた置きの温水器よりも鉄骨架台有の方が作業時間、料金ともにかかってしまいます。

また、風を巻き込みやすい構造でもあり、鉄骨がある分屋根への負担、負荷もあります。

定期的に温水器を吊ってあるワイヤーの確認、メンテナンスをされることをおススメ致します!

また、ご使用されていない設置したままの温水器は撤去のご検討を!

エコアクティブ

https://ecoactive2012.com/etc